メインイメージ
      このエントリーをはてなブックマークに追加

用途に応じてOPPとCPPを使い分ける

OPP袋とは、中身が丸々透けて見える透明の封筒のことで、透明封筒やビニール封筒と言った方が一般の人たちには分かりやすいと思います。

OPP封筒はその他にもクリスタルパックやクリア封筒やフィル封筒などいろいろな呼び方がありますが、業界ではOPPと呼ばれて取り扱われています。

またOPP封筒とほとんど一緒で、同じく透明封筒やビニール封筒と呼ばれて販売されているものにはCPP封筒というものがあり、両方とも基本的には同じ原料のフィルムから作られています。

OPPとはOriented Polypropyleneを略した言葉で、日本語の正式名称は2軸延伸ポリプロピレンであり、ポリプロピレンを縦と横の方向に延伸して、透明なフィルム状にしたもののことです。

OPP封筒のフィルム自体は延伸してあるために、強度があって引っ張ってもまず伸びることはありませんが、フィルムの接合箇所は裂け易くなっています。

これに対してCPPとは英語のCast Polypropyleneを略した言葉で、日本語の正式名称は無延伸ポリプロピレンで、丈夫なのはOPP封筒と同じで、接合部分も裂けにくく、引っ張れば伸びるのはOPP封筒と異なる点です。

したがってOPP封筒とCPP封筒を区別できない場合は、引っ張ってみればすぐにどちらかが分かるようになっています。


OPP封筒もCPP封筒もポリプロピレンという樹脂から作られていて、水に強くて破れにくいという特徴を持っています。

透明封筒は主に商品カタログやダイレクトメールを入れる封筒として利用されますが、厚みがあって思いカタログなどを入れる封筒には、OPP封筒ではなくCPP封筒を使用することが推奨されています。

その理由は前にも述べた通りに、OPPの封筒よりCPPの封筒のほうが接合部分が裂けにくいためで、その違いの秘密は製法にあって、OPPが熱を加えて引き伸ばして作られるのに対して、CPPは伸ばさずに作られています。

つまりCPPはOPPより厚みがあるぶん高強度で接合分も裂けにくくなっています。


このように透明封筒やビニール封筒などと呼ばれて販売されているものにはOPP封筒とCPP封筒があり、見た目はほとんど一緒ですが、細かい点では特徴が異なっているので、使用する用途に合わせて使いやすい方を選んで購入するようにしましょう。


掲載記事の参照元:A4OPP袋・A4OPP封筒を激安販売


いろいろな用途に使用されOPP袋

OPP袋は今ではいろいろな用途に使用されていますが、それはOPP袋に便利な特徴がたくさんあるからです。

OPP袋は透明の袋のことで、何と言っても透明度が高く中身を外側から簡単に確認できるというのが一番の特徴になっています。

OPP袋を使用すれば、書類や商品をそのまま伝えることができるようになります。

紙封筒に商品が入っているよりも、OPP袋に入れてある方が安心感を与えることができることになり、ディスプレイされた商品を袋に入れたまま販売することもできます。続きを読む…


A4サイズのOPP封筒

A4の用紙は、学校や会社などでも一番利用されるサイズとなっていて、OPP封筒にはいろいろな大きさのものが販売されていますが、やはりA4サイズのOPP封筒は最も売れ筋の商品となっています。

OPP封筒には用紙やカタログやパンフレットを入れることが多く、最近ではダイレクトメールをそれに入れて送る企業も増えてきています。

用紙のサイズは主にA4、そしてB5、A3とあり、それ以外のサイズの用紙はほとんど使用されることはありません。続きを読む…


多岐に渡るOPP袋の用途

透明のOPP封筒の用途は多岐に渡っていて、OPP封筒は書類を入れる封筒としての役割の他にも、いろいろな商品を入れて販売するケースとしての役割も持っています。

OPP封筒とは、ポリプロピレンという樹脂を縦と横の2方向に伸ばして透明なフィルムの状態にしたもので、最近ではCDやDVDのジャケットに使用されているので、ほとんど人は手にしたことがあると思います。

またOPP封筒はカタログやパンフレットを入れる袋としても利用されていて、よく街頭でそれらを配る時に利用されていて、裸でパンフレットやカタログなどを渡されるよりも、OPP封筒に入れて渡された方がすぐに捨てられないという効果もあると言われています。続きを読む…


テープ付OPP封筒の有用性

OPP封筒には大きさや種類がいろいろありますが、OPP封筒には最初からテープが付いたものも販売されていて、テープ付のOPP封筒はテープ付でないものよりも値段は多少高くなりますが、封をする手間を考えれば非常におすすめの商品となっています。

紙封筒の場合は、糊やテープで簡単に封をすることができるようになっていますが、安定性がないペラペラの透明の袋であるOPP封筒は、不器用は人なら封をする作業も簡単ではないと思います。続きを読む…


DM用の封筒としての利用

OPP封筒はよくDM用の封筒として用いられます。

以前はDM用の封筒には紙封筒が利用されていましたが、OPP封筒が登場してからはどんどん紙封筒からシフトする企業が増えていて、今ではOPP封筒をDM用として利用するのとしないのでは、売り上げを大きく左右すると言われるようになっています。

OPP封筒をDM用の封筒に利用すれば、一見して中身を消費者に伝えることができることになり、目に入った文字や商品に興味があれば、消費者は封筒を開封してDMの中身を見ることになります。続きを読む…


料金別納と料金後納の違いについて

料金別納も料金後納も郵便局で利用することができるサービスのことで、それぞれに利用者に便利なメリットがあります。

料金別納というのは、一度に郵便物や荷物を10点以上出す場合、郵便物などに切手を貼らなくてもいいというサービスのことで、郵便物が多ければ多いほど切手を貼る作業は大変になりますが、このサービスを利用すればその手間を省くことができることになります。

これは特にダイレクトメールや案内状などを一度に大量に発送する企業の担当者にとってはありがたいサービスで、料金はまとめて支払うことができるようになっています。続きを読む…